分社化すると資金調達がしやすくなる理由や子会社化との違いを解説

分社化すると資金調達がしやすくなる理由や子会社化との違いを解説|即日資金調達するならファクタリングのラインプロフェクト

ページの先頭へ戻る

サイトマーク

お役たちコラム

分社化すると資金調達がしやすくなる理由や子会社化との違いを解説

2022.12.22
ファクタリング

分社化すると資金調達がしやすくなる理由

子会社化との違いを解説

 

いつもラインプロフェクトのコラムをお読みいただきありがとうございます!

資金調達をする際、金融機関などからの借り入れや、ファクタリングができない企業があります。

そのような場合は、「分社化」という選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

本記事では、分社化すると資金調達がしやすくなる理由や、分社化と子会社化などの違いを解説します。

 

分社化・子会社・グループ会社の違い

分社化、子会社化、グループ会社化は、それぞれ下記のような違いがあります。

 

分社化とは?

分社化とは、元となる企業の資本や資産を分散させて、別会社として運営を行うことです。

製品やサービスの多様化、販売地域の増加などにより1つの組織では対応が難しくなった際に、資本を分けて新しい企業を立ち上げます。

分社化によって設立された企業は元となる企業が所有していた、1つの事業部や部門であることが多く、完全に別会社として運用されます。

 

子会社化とは?

子会社化とは、親会社が資本を出資して新たに立ち上げた会社で、親会社が50%以上の議決権を保有していることから、経営などの支配権は親会社が所有しています。

また、子会社の株式を100%親会社が所有している場合は「完全子会社」、50%を超える子会社の株式を保有して立ち上げた会社を「孫会社」と呼ぶように、子会社にはさまざまな種類があります。

 

グループ会社とは?

グループ会社とは、親会社に関連する企業を含めた企業のことで、資本について親子関係を持つ企業の総称を指します。

先述した完全子会社や孫会社のほか、子会社には下記のような種類があります。

 

連結子会社

連結子会社とは、決算の際に親会社の数値と合算する対象となる子会社を指します。

親会社が発行済みの株式を半数以上所有している子会社や、保有株数が半数以下でも親会社の役員が派遣されたことにより、親会社が意思決定権を所有している法人などが連結子会社となります。

兄弟会社

親会社によっては、複数の子会社を所有していることがあります。

そのような場合、各子会社間の関係性を兄弟会社と呼びます。

特例子会社

特例子会社とは障がい者の雇用を目的として企業が作る子会社のことで、特例子会社が雇用した障がい者は親会社が雇用したと見なされます。

 

分社化すると資金調達がしやすくなる理由

資金調達がしやすくなる理由

先述の通り、分社化とは元となる企業の資本を使用して設立された企業であるため、別会社として取り扱われます。

分社化によって設立された企業は元となる企業の借り入れ状況などが反映されないため、ファクタリングや融資といった資金調達がしやすくなります。

 

分社化のメリット、注意点

分社化のメリット、注意点

こちらでは、分社化のメリットとデメリットをご紹介します。

 

メリット

分社化することによって、元となる企業ではできていなかった管理や経営を行うことができるようになるというメリットがあります。

一般的には、元となる企業は組織や資産、人材を整理することで経営状況を改善することを目的として分社化を行うことが多い傾向にあります。

注意点

管理・経営の効率化や事業拡大を目的として分社化をしても、管理費用や分社化に必要な手続きを行うことにより、経営コストが増大するリスクがあります。

そのような場合は、資金調達がしやすいというメリットを活かして、融資やファクタリングを受けることで一時的に負担を軽減することができます。

また、分社化を行うことで、元となる企業で管理できていたことができなくなったということがあります。

そのような場合、子会社内で管理部門と、それらを統括する部門を設けましょう。

 

おわりに

本記事では、分社化すると資金調達をしやすくなる理由や、子会社化との違いをご紹介しました。

分社化は元となる企業の資本を使用して設立された会社で、経営権は分社化された企業が所有します。

経営のために費用が必要な場合は、分社化することで元となる会社の影響を受けなくなるため、比較的自由に資金調達することが可能です。

 

資金調達シミュレーション

申し込みには無料で行える、資金調達シミュレーションが便利!

調達可能額がカンタンにわかるとともに担当スタッフによる無料相談も行えます。

乗り換えキャンペーン

乗り換えキャンペーンはこちら

 

事業資金のお悩みありませんか?

  • 銀行融資を断られた
  • 早急に資金が必要
  • 他者に断られた
  • 来月の入金を待てない

そんなお悩み解決いたします。

  • お問い合わせ
  • 無料簡単診断
    結果は10秒
資金調達に悩む
クラウドサイン
クラウドサイン

\  最短3時間でご入金まで手続きすることが可能となりました  /

WEBで全て完結!オンラインファクタリング

弁護士ドットコム株式会社が運営する日本の法律に特化した電子契約サービス『クラウドサイン』を導入しております。

お問い合わせ

CONTACT US

受付

資金調達のことなら、
お気軽にご相談ください。

0120-916-867

電話受付|8:30~19:30(土日・祝日は除く)

  • 乗り換えキャンペーン

    2022131

  • 無料簡単診断
    結果は10秒
NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS